2015. 4   大宮開成高等学校 剣道部 NEWS
4月22日 (水)  たまにはこんな練習も!異種試合

 “敵”は竹刀より長い薙刀(なぎなた)。打ち間に入ろうとすれば「スネ」を狙われ悪戦苦闘…。

 去る3月末、剣道部では年に一度の薙刀部との「異種試合」を行いました。
 ご存知のとおり、薙刀は剣道と同じの打突部位「メン・コテ・ドウ」に加え、「スネ」があります。したがって剣道側が防具「スネあて」を付けたうえで対戦します。
 
 前述のように薙刀は遠間で勝負でき、剣道が不用意に近づくと防ぎ慣れない「スネ」を打たれてしまいます。

 剣道の勝つ手は一つ、スネを防ぎつつ思い切って間合いに入り、打突するのみ!書けば簡単なようですが、薙刀は体さばきが早く、構えている間に刀が飛んできます!

 結果は互角…?しかし剣道・薙刀を問わず、いかに相手を崩しその瞬間を狙うかという「格技の原点」は同じ。それを再確認するよい機会となっています。

17-1.jpg 17-2.jpg 17-3.jpg



メニューに戻る
2015/4
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

前月     翌月