防災対策




本校の緊急連絡・震災対策
大宮開成中学・高等学校

 
☆震災時は、生徒の下校については「公共交通機関の安全」「学校周辺の安全」が確認されるまで学校に留め置くというのが学校の基本方針です(東日本大震災時は約100名が学校に宿泊)。その上で下記の体制・対策をとっています。
 
1.緊急連絡体制について
(1) 「フェアキャストシステム」

本校では緊急連絡事項をより確実・迅速にお伝えするため、NTTデータ社の「フェアキャストシステム」を導入しています。このシステムは、あらかじめ御家庭の携帯・固定電話・FAXなど複数の連絡先を登録していただき、連絡がつくまで追跡するものです。天候による行事の有無や交通障害発生時の緊急連絡に使用し、費用は一括預かり金に含まれています。

(2) 学校ホームページ

緊急連絡事項は前記システムとともに、学校ホームページを併用してお知らせします。アドレスはhttp://www.omiyakaisei.jp/です。

 
2.震災対策
(1) 校舎等の耐震性

校舎の耐震工事は東日本大震災以前から順次進めており、平成24年度の管理棟・特別教室棟の耐震工事をもって、全て対策済みとなります。

(2) 災害備蓄物資

「開成館コミュニティセンター」に水・食糧(生徒個人購入分を含む)、医薬品、携帯トイレ、毛布、床敷きシート、発電機、非常用照明器具などを備蓄しています。

(3) 本校の地理的位置

本校はJR大宮駅から約2kmの位置にあり徒歩圏内です。学校の面する道路は大宮駅からの県道で、陸の孤島になる恐れはありません。 周辺にはさいたま市大宮消防局、自治医大さいたま医療センター、富田病院などの公共施設・医療機関が500m圏内にあります。













 

中学校学則高等学校学則寄付行為学校自己評価学校関係者評価学校いじめ防止基本方針中学校用教科書採択理由
プライバシーポリシーサイトポリシーサイトマップ