山中校長コラム


[2020/03/01] 若者に求められる力とは

学校活動のまとめの月となりました。高校3年生は卒業となり、いろいろな事があったと思います。在校生にとっては、まとめの月であり、次のステップを準備する月でもあります。

 

今月は、リクルートから出されている「キャリア ガイダンス」Vol 431 別冊付録に掲載された「大きく変わろうとしている世界 そのとき若者に求められる力とは?」に書かれていた記事(全文は無理なので、皆さんに特に伝えたい箇所を抜粋しました)を紹介したいと思います。

 

今までの欧米の大国中心の世界像が大きく変わっていくことは予見できる。しかし、これから世界に訪れる変化を経済的側面だけで語ることはできない。

 

一般社団法人グーロバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事の辰野まどか氏は、「経済競争の観点から世界を語ること自体が既に古い考え方なのだと思います。これからの世界はみんなで課題解決に取り組み、持続可能な社会を形成していくことが共通の目的になっていくでしょうし、そうしていかなければなりません。

 

『競争』から『共創』へ、世界中の人々の価値観が変わろうとしているんです。その動きを象徴するものの一つが、国連の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)です。」

 

SDGsが示しているのは、誰が勝つか負けるかという世界観ではない。
世界中の組織や人々がそれぞれの強みを活かし合って貧困や差別、環境などさまざまな課題を解決していくそれこそが(ごく近い)未来の世界像であり、世界は今、SDGs が指し示す方向へ大きくシフトチェンジしつつある。

 

自分が稼ぐこと、自分が勝ち残ることを価値とするのでなく、共創、協働して持続可能な社会を形成していくことに価値を見い出す人が多数派となったとき、今の競争型の社会は自然なかたちで変質していくことになる。

 

では、今、世界各国の若者は何を解決すべき社会課題と考えているだろうか。共通して上位に上がっているのは貧困や差別の問題。さらに教育や気候変動についても若者の関心は高い。

 

辰野氏は、「だからこそ教育の果たす役割が重要になる」と言う。国内外の課題を解決するために語学力やスキル以上に重要なのが、他者と協働して社会課題に立ち向かうためのマインドや自信。これをどう養えばいいのだろうか。

 

これまでの学校教育では、与えられた問いに対してあらかじめ存在する正解やゴールを求める教育が主流だった。しかし、マインドや自信を鍛えるには、まずは自分や他人を知り、受け入れ、自分自身の内側や感性から問いを立てて答えを創っていくというプロセスが欠かせない。これからの正解のない世界で生きていくためには、誰もがこのサイクルを回し続けていくことが大切になると辰野氏は言う。

 

以上が記事の内容です。私が改めて何か付け加える必要はないと思いますが、この記事の中に、私たちが考えなければならないこと、しなければならないことが書かれていると思います。新しい年度に更なるステップをするため、この記事も参考にしていただいて、展望を持ってこの1ヶ月を充実したものにしていただけることを期待します。

 

- - <今月の推薦図書>- -

今月推薦する本は、小川糸氏の「ライオンのおやつ」ポプラ社です。
2020年本屋大賞ノミネート作品の1冊です。2018年12月1日から2019年11月30日までの間に刊行された日本の小説が対象作となっています。
全国の書店員が実際に読んで「面白かった」「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本の上位10作品が選ばれています。

 

「人生の最後に食べたいおやつは何ですか」というテーマが掲げられ、若くして余命を告げられた主人公の雫は、瀬戸内の島のホスピスで残りの日々を過ごすことを決め、穏やかな景色のなか、本当にしたかったことを考える内容の本になっています。

 

すべての人にいつか訪れるテーマをあたたかく描き出していて、心が穏やかになる物語です。じっくり読むことをおすすめします。


[2020/02/01] 人との出会いを大切にして、豊かな人生を

令和2年度の入試が終了し、この4月より多くの新入生が入学してくることになりました。新入生は、皆さんもそうであったように、期待と不安を抱いて、入学してきます。皆さんも、クラス替え等で、新しく出会う人に対しても、期待と不安があると思います。

今回は、皆さんに人との出会いが、人生を豊かにしてくれることを考えていただきたいと思います。瀬戸内寂聴氏の「奇縁まんだら」日本経済新聞出版社の前文に次のようなことが書かれていました。 …more»


[2020/01/07] 令和2年1月  新たな気持ちで頑張りましょう

新年明けましておめでとうございます。
令和2年の新年として、気持ちを新たにする活動をすると同時に、学校年度では、令和元年度のまとめをする大切な3ヶ月の始まりになります。この大切な時期を充実させるために、毎年同じことが言われていますが、今年度の今までの9ヶ月の「振り返り」と「新年の目標」を明確にすることが大切と言えます。
…more»


[2019/12/01] 「一年の振り返りを」

令和元年もあと一月足らずで終了する時期になってしまいました。皆さんにとってどんな一年だったでしょうか。今年一年で達成出来たことを実感し、どんなことが具体的に積み重ねること出来たかを確認することは、皆さんの成長に大切なことと思います。その振り返りは、学習成果、部活動の取り組み、行事などへの取り組みなど様々なことから自己点検をしてください。 …more»


[2019/11/01] 素晴らしかった ラグビーワールドカップ(W杯)

多くの人がラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会を観戦したと思います。私もその一人で、ドキドキしたり、ワクワクしたりして、日本チームの試合を観戦しました。

ラグビーW杯は五輪、サッカーW杯に次ぐ世界的なスポーツイベントで、今大会が9回目で、アジアでは初開催となり、3連覇を狙うニュージーランドなど20チームが参加しました。日本チームは、皆さんがご存知のように初めての決勝トーナメントの出場となり、準々決勝での南アフリカ戦に敗れたとはいえ、心に残る好試合だったと思います。 …more»


[2019/10/07] 豊かな表現力を身につけよう

後期の授業活動が始まりました。まとめでもある、後期に、どんなことに取り組んで欲しいか書きたいと思います。

後期の目標・目的は、各学年での自立・自律を実現させ、自分を向上させ、達成感を積み重ねて成長することです。

「自ら求め、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する」自立・自律した逞しい人間として成長し、その実践活動を通じて、「主体的に学ぶ力」「協働力」を獲得して欲しいと思います。また、心豊かで、思いやりの心を備えた人間として成長することも期待したいと思います。 …more»


[2019/09/02] 「自立して学ぶ力」について

夏休みが終わり、まとめを意識しなければならない時期になりました。
9月からは、今まで積み上げてきたものを振り返り、そして、これから何をしなければならないか、あるいは、どんな成長を果たさなければならないかを考える大切な時期とも言えます。 …more»


[2019/08/01] 夏休みにチャレンジしよう ~ 社会の動向に関心を持とう ~

夏休みが始まります。夏こそ今までなかなか取り組むことができないことに、チャレンジする絶好の機会だと思います。ぜひ、普段出来ないことを実践してください。

その一つに、新聞を精読し、気に入った記事をファイルすることをして欲しいと思います。そこから新しい知識・課題などを得て、「なるほど」と思ったり、「こんなことを実践してみよう」と行動を拡げ、充実した時間を味わってください。 …more»


[2019/07/01] 「生きること」や「働くこと」をじっくり考えよう

前期中間試験も終わり、夏休みに入る前のこの時期に、普段なかなか考えることができない、「生きること」「働くこと」をじっくり考えてみて欲しいと思います。

 

人間(自分)が生涯を通してさまざまな役割を果たしていく過程で、自分が担う役割を考え、特に、「働くこと」を通して人々や社会にどう関わり、「自分らしい生き方」をするために、どんな学びをしなければならないかを考えて欲しいということです。 …more»


[2019/06/05] 読書のすすめ

中高一貫部も高校部も暑い中での体育祭、本当に大変でしたが、その中で、皆さんがひたむきに全力で取り組み、協働して創り上げたのは、大変立派でした。

 

6月は、前期中間試験など多くの行事があり、忙しい月となりますが、そんな中でも皆さんに、多くの本に触れていただきたいと思い次のコラムを書きました。 …more»





中学校学則高等学校学則寄付行為学校自己評価学校関係者評価学校いじめ防止基本方針中学校用教科書採択理由
Jアラートに対しての対応プライバシーポリシーサイトポリシーサイトマップ