山中校長コラム


[2020/08/03] 心を豊かに

令和2年度2回めのコラムになります。
本来は、毎月の初めに書かなければならないのですが、「コロナ禍」に対応することを始め、様々なことがあって、今日まで書くことが出来ず、不甲斐ない思いをしております。その反省を込めて、今年度初めてのコラムは、こんな厳しい状況だからこそ、明るい話題を取り上げたいと思います。特に、皆さんとの関わりで、感激したこと、うれしかったことを書こうと思っています。


一つ目は、本校の海外留学プログラムで、1年間アメリカ、ユタ州の留学から帰国した生徒と面談した時に、その報告で、海外留学の経験という特別な状況があることを考慮しても、素晴らしく成長していたので、大変うれしく思い、紹介しようと考えました。

この面談で、毎年感じていることですが、英語力の向上はもちろんですが、人間力の向上や成長が英語力の向上と匹敵するほど、話しぶりや雰囲気から実感でき、頼もしくも、うれしくも思っています。

「1年留学で何を学んだか」という報告に、本当に数えられないほど学んだのですが、『一番は、多くの人の助けがあって今の私がいると実感したこと』と、『笑顔の大切さを学んだ』と話していました。また、『自分に自信を持つことの大切さ』や『今まで気づかなかった自分の性格や能力に気づき、苦しい状況でも耐える精神力が培われた』とも話していました。その清々しい報告ぶりを大変うれしく思いました。


もう一つは、大宮開成の生徒の皆さん一人ひとりがこんな大変な状況にあっても、『学ぶ姿勢』が、崩れていないことです。

6月からの学校再開後の登下校の姿、授業中の学習への取り組み、部活動の活動、図書館の利用、自習室の利用など、困難な状況下であっても、本校の目標である「自立・自律」した行動を具現化してくれ、着実に成長を果たしてくれています。何よりうれしく思います。

まだまだ、大変な状況は続きますが、大宮開成の生徒であることに、「自信=Confidence」と「誇り=Pride」を持って頑張りましょう。

 

- - <今月の推薦図書>- -

2020年本屋大賞ノミネートされた10冊を読みました。
順位に関係なく、私個人が気に入った本の第1位は、砥上裕將(とがみ・ひろまさ)氏の「線は、僕を描く」(講談社)でした。水墨画を題材にして、生き方を考えることが出来る作品でした。本当に、一気に読めた本でした。

また、私の好きな作家の一人でもある 小川糸氏の「ライオンのおやつ」(ポプラ社)も読み応えのある作品でした。難しいテーマですが、時間に余裕を持って読んでみてください。


[2020/04/07] 新学期に向けて

「新入生、ご入学おめでとうございます。中学・高校2、3年生は、進級おめでとうございます。いよいよ新年度が始まりました。」と言いたいと思いますが、新型コロナウイルスのため正常な学校活動が出来ず、混乱の中での新学期出発となってしまいました。皆さん一人ひとりの「命と安全」が何より大切と考え、臨時休校の措置を含めた対処を行っています。

それでも、皆さん一人ひとりが確実に成長を果たさなければならないので、今こそ、本校の目標である「自立・自律」の精神を発揮して、一日一日を大切にした生活を過ごして欲しいと考えます。そのため、以下の目標を参考にして、自分自身の具体的な目標を立ててください。 …more»


[2020/03/01] 若者に求められる力とは

学校活動のまとめの月となりました。高校3年生は卒業となり、いろいろな事があったと思います。在校生にとっては、まとめの月であり、次のステップを準備する月でもあります。

 

今月は、リクルートから出されている「キャリア ガイダンス」Vol 431 別冊付録に掲載された「大きく変わろうとしている世界 そのとき若者に求められる力とは?」に書かれていた記事(全文は無理なので、皆さんに特に伝えたい箇所を抜粋しました)を紹介したいと思います。

…more»


[2020/02/01] 人との出会いを大切にして、豊かな人生を

令和2年度の入試が終了し、この4月より多くの新入生が入学してくることになりました。新入生は、皆さんもそうであったように、期待と不安を抱いて、入学してきます。皆さんも、クラス替え等で、新しく出会う人に対しても、期待と不安があると思います。

今回は、皆さんに人との出会いが、人生を豊かにしてくれることを考えていただきたいと思います。瀬戸内寂聴氏の「奇縁まんだら」日本経済新聞出版社の前文に次のようなことが書かれていました。 …more»


[2020/01/07] 令和2年1月  新たな気持ちで頑張りましょう

新年明けましておめでとうございます。
令和2年の新年として、気持ちを新たにする活動をすると同時に、学校年度では、令和元年度のまとめをする大切な3ヶ月の始まりになります。この大切な時期を充実させるために、毎年同じことが言われていますが、今年度の今までの9ヶ月の「振り返り」と「新年の目標」を明確にすることが大切と言えます。
…more»


[2019/12/01] 「一年の振り返りを」

令和元年もあと一月足らずで終了する時期になってしまいました。皆さんにとってどんな一年だったでしょうか。今年一年で達成出来たことを実感し、どんなことが具体的に積み重ねること出来たかを確認することは、皆さんの成長に大切なことと思います。その振り返りは、学習成果、部活動の取り組み、行事などへの取り組みなど様々なことから自己点検をしてください。 …more»


[2019/11/01] 素晴らしかった ラグビーワールドカップ(W杯)

多くの人がラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会を観戦したと思います。私もその一人で、ドキドキしたり、ワクワクしたりして、日本チームの試合を観戦しました。

ラグビーW杯は五輪、サッカーW杯に次ぐ世界的なスポーツイベントで、今大会が9回目で、アジアでは初開催となり、3連覇を狙うニュージーランドなど20チームが参加しました。日本チームは、皆さんがご存知のように初めての決勝トーナメントの出場となり、準々決勝での南アフリカ戦に敗れたとはいえ、心に残る好試合だったと思います。 …more»


[2019/10/07] 豊かな表現力を身につけよう

後期の授業活動が始まりました。まとめでもある、後期に、どんなことに取り組んで欲しいか書きたいと思います。

後期の目標・目的は、各学年での自立・自律を実現させ、自分を向上させ、達成感を積み重ねて成長することです。

「自ら求め、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する」自立・自律した逞しい人間として成長し、その実践活動を通じて、「主体的に学ぶ力」「協働力」を獲得して欲しいと思います。また、心豊かで、思いやりの心を備えた人間として成長することも期待したいと思います。 …more»


[2019/09/02] 「自立して学ぶ力」について

夏休みが終わり、まとめを意識しなければならない時期になりました。
9月からは、今まで積み上げてきたものを振り返り、そして、これから何をしなければならないか、あるいは、どんな成長を果たさなければならないかを考える大切な時期とも言えます。 …more»





中学校学則高等学校学則寄付行為学校自己評価学校関係者評価学校いじめ防止基本方針中学校用教科書採択理由
Jアラートに対しての対応プライバシーポリシーサイトポリシーサイトマップ