シドニー湾に浮かぶ白亜の翼 一貫豪州研修(終)

「タイルの色は、海の反射を考えてあえて真っ白ではなく、ベージュ色になっています」…。28日(土)、一貫部高1はシドニー市内研修。午前さっそく、オペラハウス周辺の風光明媚な地区を見学です。

シドニーは昨日に続き快晴。↓ まずはシドニー湾を一望できる絶好のポイントへ!

↓ シドニー湾はサメも多いそうですよ。

↓ ミセスマックォリーズチェア。19世紀、豪州NSW州の初代総督・マックォーリーが、イギリス本国からの船を毎日待ち望んで湾を眺める妻のために造った石製の椅子です。

座ると幸せになれる?!女子は満面の笑み。

それに比べ男子……もっと楽しそうにしませんか?(笑)。だから明るい塗色の公共レンタル自転車(電動!)を載せておきます。

そしていよいよ、白亜の翼・オペラハウスへ。もっとも新しい時代の世界遺産です。

↓ 女子は必ずこれをやりたがる(K教諭、英語だけでなくシャッターの腕も上達)。

↓ 対岸には豪華客船が停泊中。

現在(午後)、生徒たちは班別行動で市内の名所旧跡を巡っています。夕方再集合し、帰国の途に付きます。

保護者の皆様、10泊11日もの研修にご理解ご協力下さり、誠にありがとうございました。どうぞお子様の成長ぶりとお土産(話)にご期待ください。(教頭M)