令和元年度海外研修 (先進・I類コース) 報告 5

海外研修7日目。

人口が約5百万人、国土が日本国全土と変わらないほどの大きさを持つこのニュージーランドにおいて、もはや国技とも言えるのがラグビーであります。
オールブラックス(ラグビー・ニュージーランド代表の愛称)の存在は国民とともにあり、それだけ人々の生活の中にラグビーが浸透しているのは、少し街を歩いただけでもすぐに分かります。

そんな地で、日本代表がアイルランド代表に歴史的勝利を遂げた瞬間を目撃し、その場にいる大勢のNZの方と喜びを分かち合えたのは、生徒も教員も貴重な経験をさせて頂きました。

「Fantastic!」
「Nice game!」
と道行く人にハイタッチを求められました。

そんな本日の行程は朝、ホストファミリーにAISまで送迎していただきました。ファミリーと過ごすのはここまで。短い期間ではありましたがたくさんの思い出と貴重な体験を与えてくれたファミリーとのお別れは涙、涙のお別れでした。

そしてバスに揺られて目指すはワイトモ鍾乳洞です。ワイトモとは「水の流れ込む洞窟」を意味しており、中ではツチボタルの無数の青い光が作り出す幻想的な世界が広がっております。















 

そして今晩のホテルはスタンフォードプラザです。

今晩はグランドハーバーレストランで中華料理を頂きました。久しぶりにクラスで食べる晩御飯。お互いのファミリーとの思い出話を写真を見せ合いながら紹介し、大変盛り上がっておりました。









明日は朝からオークランド市内を観光し、午後は班毎に市内自由行動に移ります。明日も早いので今日は早くベッドに入ります。
GOOD NIGHT!!!!