「この問題で合否が分かれます」中学入試対策会①

「この問題をきちんと解答できるかどうかで、合否が分かれます!」--9日(土)、中学入試対策会(第1回目)を実施しました。早朝から受験生約300名、保護者約400名が来校され、受験生には昨年度入試の過去問題を使った授業体験を、保護者の方には4教科の担当者から、今年の入試出題傾向と対策をお話ししました。

「この問題の正答率は○○%。ということは、この問題が解ければ、他の受験生に対して圧倒的に有利です!」(国語科・A教諭)。

今年、昨年以上に大激戦が予想される本校の中学入試。会場には絶えずメモの音(とシャッター音)が響きます。

こちらは受験生の教室。「いいかい、問題文みてごらん。すでにキーワードが入っているよ」。

解説を、本校の授業の手法でテンポよく進めていきます。受験生もみな必死。

入試問題は「本校からのメッセージ」。傾向と対策はもちろん、「なぜ本校ではその問題を出題するのか」を各科とも明確にお伝えしたつもりです。

入試まであとちょうど2か月、出願受付開始(12/1)まで2週間となりました。今日のアドバイスをぜひ有効に役立ててください。(教頭M)