またスキーに来ます!<スキー実習3日目>

スキー実習も早いもので、今日で最終日となります。昼には出発となるので午前中で実習を終え、一路さいたまを目指します。今回、3日間の短い期間ではありましたが、雪国のさまざま表情を見ることができました。

1日目は殆ど雪もない山道を進みここまで来ましたが、案の定、雪は最小限で、近年の雪不足を強く感じるスキーとなりました。2日目は一転雪が降り積もり、しかも絶好の天気に恵まれ、素晴らしい景色と気持ちいい風を感じ、スキー本来の醍醐味を存分に感じることができました。

そして3日目の今日。朝から雪が降り続き、視界も悪く大変厳しい環境の中でのスキーでしたが、これぞ雪国という雪の厳しさを体験することができました。そんな中でのスキー実習でしたが、生徒達は「スキーって楽しい!」と心の底から思ってくれたようです。最終日、スキーの技術も格段に進歩し、しっかりとスキーをコントロールすることができるようになりました。

若さとは本当に素晴らしいことです。出来ないことが、出来るようになる、このしっかりとした進歩がスキーの楽しさです。



朝から雪が降り、ごらんの通りあまり視界も良くない状態です。しかしやる気まんまんの生徒達、準備体操をして最終日スタートです。

 




生徒達はかなり自由に滑れるようになりました。インストラクターの言うことを忠実に実行し、どんどん上達しました。

 




実習終了時間も迫り、最後は実習班皆でトレインを行っています。いままでは途中で転びすぐに止まっていましたが、転ばずに最後まで滑べれるようになりました。

 



いよいよ閉校式です。12人のインストラクターの先生方には本当にお世話になりました。この3日間、互いに助け合い、励ましあった仲間に感謝 です。一緒に滑った仲間とは学年を超えて交流することができました。実行委員を務めてくれた3年生。本当にお疲れさまでした。

 




生徒達のすがすがしい笑顔には、この3日間の充実感と「本当に楽しかった!」という気持ちが溢れんばかりでした。

 



各班ごとに集合し、最後のミーティングです。3日間のお世話になった先生方に心から感謝です。「またスキーに来ます!」と生徒達はこれかもスキーを続けることを約束してくれました。わずか3日間のスキー実習ですが、生徒達はルールをしっかりと守り、本当にしっかりと生活してくれました。ひとまわり大人になったように感じます。

スキー実習に送り出してくださった保護者の皆様に、あらためて感謝を申し上げます。ありがとうございました。