ひっそりと、咲いています

いつもなら、春期講習で生徒の歓声がこだまするはずの季節。今はただ、春の強風が校舎の間を吹き抜けるだけです。しかし自然だけは、ひっそりと陽春を告げています。校地内の桜花3題です。

  花も、見る者がなければ咲き甲斐もないのでは…。

葉桜の頃には、大宮開成の賑わいが戻ってほしいと願っています。(教頭M)