秋の防災訓練

12日(月)、秋の全校防災訓練を実施しました。直下型地震が発生し、教室内で一時退避行動の後、校舎外へ全員避難というのは前回(5月)の訓練と同じですが、今回はその後各会場に分かれて「消火訓練」・「起震車体験」・「煙体験」を行いました。とくに起震車・煙体験では、さいたま市消防局様にご指導いただきました。

「煙体験」は、煙を充満させたビニールハウスを通り抜ける体験。「地震で怖いのは火災。煙で亡くなる場合が多いです。吸わないために、ハンカチや袖で口を覆い、息をとめて駆け抜ける。そして上の階には逃げないこと(煙が上がってくるため)」(消防隊員の方)。p1020357

別会場の起震車会場では、各クラスから数名ずつ「阪神・淡路大震災」級の震度7を体験。家具(テーブル)が床に固定されていたので、なんとかつかまってしのげましたが(写真)、現実の震度7では椅子に座ってなんかいられないはず…!

消火訓練会場でも、実際の炎に向けて消火器を噴射する体験を行いました。

生徒の安心安全のため、今後も適宜訓練を行ってまいります。

p1020361 p1020362