合言葉は「チームビルディング」-フレッシュマン/ジュニアキャンプ

中高一貫部の中1・高2は、17~19日(月~水)の2泊3日で「フレッシュマンキャンプ・ジュニアキャンプ」を実施しました。入学後早々の中1を合宿させるのは、早期の仲間作りはもちろん、高2生主導で運営させることにより、先輩としての自覚とマネジメント感覚を養い、中1にミニ社会を感じてもらうためです。

今年は2泊と例年よりパワーアップ!宿泊先も千葉県内陸部のリゾート施設を選びました。今年は「チームビルディング」という明確なコンセプト。学校はもちろん社会生活でも不可欠な「成果はチームでこそより高められる」という意識を生徒に自覚してもらうべく、企業研修でも用いられる概念と生徒の能動性=アクティブラーニングを主体にしたのが特徴です。

生徒は3日間、全ての活動を高2&中1のグループで行動!

P1040043 (640x480)P1040027 (640x480)

1日目:「introduction」・「first impression」では、自己紹介をしながら、自分の理想像と他人からの印象がどれだけ一致しているか、どうすれば理想に近づくかをお互い話し合いました。

2日目:午前「スポーツレク」。ドッジボールでは「中1はすばしこくって弾も結構強い!(笑・高2男子)」。

午後の最初はオリエンテーリング。鮮やかな新緑の中、チェックポイントごとにクイズが出題されます。ここでも活躍したのは「中1!頭が柔らかいんだもん」(高2女子)。

P1040096 (640x479)P1040103 (640x480)P1040110 (640x480)

その後研修室に戻って取り組んだのは「マンダラート」。マンダラートとは、1つの大問題(今回は「充実した学校生活」)を、諸要素(授業・体育祭・文化祭など)に分け、その解決案を周囲に思いつくままに付箋で考えを記して貼っていくもの。高2が「文化祭は○○な行事でね…」と概略を説明すると、それに中1が「先輩こうすればもっと楽しくなりますよね」。色とりどりのマトリクスが出来上がりました。

P1040115 (640x480)P1040119 (640x480)P1040121 (640x480)

続いて「ペーパーダイブ」。グループごとに一定量の紙、紐が分け与えられ、工夫して作った構体を5mの高さから紐を通して降下させ、降下時間の長さを競うもの(教育TV番組でも有名)。各グループは「単なる平板」から「クラゲ型」まで、知恵を絞ったユニークな作品で滞空時間を競い合いました。P1040123 (321x640)

3日目は校長講演(高2)・教頭講演(中1)を経てクラスミーティング。1年間どういうクラスにするか、盛んな意見交換が行われました。

IMG_1784 (640x480)

宿泊も、生徒を信じてグループ単位のロッジ宿泊。「離れた場所で行われる朝のラジオ体操に、多数の遅刻者が出るのでは…」は、全くの杞憂で済みました。

P1040128 (640x480)P1040134 (640x480)P1040081 (640x480)P1040080 (640x480)

実験的な企画もありましたが、全行程を通じて大きなケガ・病気等もなく、当初のねらいどおりの「チームビルディング」が成し得たのではないでしょうか。2020年の新学習指導要領でも、「獲得した知識をどのように運用し、どのように社会と関わり、よりよく生きていくか」を問うています。まさに当行事は、それを地でいく格好の内容。これからも本校ではさまざまな仕掛けを用意し、生徒の「生きる力」を高めてまいります(教頭M)。