いよいよ”建物”らしく

3月1日現在、基礎の底面部分のコンクリートが打ち終わり、続けて地下遊水地とするためのボックス状の型枠組み上げが進んでいます。

クレーンでまず足場となる鉄骨を組み、その足場沿いに型枠(コンクリートを流し込む枠)となる板を立てていきます。右写真は雨の日、本当にありがとうございます!

いよいよ垂直方向の作業に。建物らしくなってきますね。