めざせ「自立型人材」!高3愛知和講演

7日(月)、高校3年生対象の「愛知和講演」を実施しました。今回は講師に目黒勝道先生(トリプル・ウィン・パートナーズ代表、元スターバックスコーヒージャパン人材開発マネージャー)をお招きして、「自己実現」をテーマに、「スタバに学ぶ自立型人材」との題で講演していただきました。

目黒先生は、スターバックスコーヒージャパン勤務での経験から、自立型人材になるための3つのポイント(左写真参照)を柱にしてお話しいただきました。

講演中、自分の将来についてや友達とのかかわり方、自分の時間の使い方について生徒同士でディスカッションする時間もあり、普段の生活を見直してより主体的に動き、解決できる人間となる術を学びました。

スターバックスでは、お客様に感動体験により喜びと潤いを提供すべく、スタッフがお客様のニーズを察知し、自分ができる最大限のサービスを、心を込めて提供なさっていたそうです。

生徒たちも、周りの仲間たちとともに高め合いながら、自己実現に向けてチャレンジ精神をもって自分のできる最大限の能力を発揮し、今後の人生を豊かなものにしていってほしいと考えます。

講演の最後は、スターバックスコーポレーションCEOのハワード・シュルツ氏の言葉で締めくくられました。

 

全世界のサービス業で事業を続けていく中で大切なのは

お客様の財布からおカネを獲るのではなく、

お客様との関係を構築することである。

 

私たちスターバックスは、コーヒーを売るために商売をしているのではない。

人々に喜んでもらいたいと想い、

その手段としてコーヒーを取り扱っているにすぎないのだ

 

目黒先生、お忙しい中本当にありがとうございました。(高3・K教諭)