全てを出し切って……一貫部体育祭

トロフィーを掲げる紅組団長・K君を眺めながら、白組団長・S君の眼が潤みます。しかしその表情は “やり切った” 感も。--26日(土)、中高一貫部の第14回体育祭を実施し、5月らしい爽やかな晴天のもと6学年577名が力と技を競い合いました。

今年は全22種目。縦割りで紅・白組の2団に分かれ、かつクラス・学年超えての闘いです。午前中はいきなり棒倒し(男子)・棒引き(女子)・騎馬戦(男女)など立て続けに力勝負種目が。しかしやはり盛り上がるのはリレーで、例年の事ながら中学生vs高校生、高2vs高3の競い合いは見ごたえありました。

  

ここ数年の優勝は白組。今年は紅組が久しぶりの奪還を狙っていたところ、最後まで混戦に。追う展開の白組が一度は逆転したものの、最後の「波乗りジョニー」(どちらかといえばレク的種目)で再度紅組が逆転、優勝するという、ドラマチックな決着となったのでした。

全力疾走する生徒の姿は、本当に美しいなあと、いつもながら感動を覚えます。

多数ご観覧の保護者の皆様(今年は700名以上!)におかれても、暑い中本当にご協力ありがとうございました。(教頭M)