宿坊研修を終えて(高1)

「一生懸命に行えば、知恵がつく」「中途半端に行えば、愚痴が出る」「怠けて行えば、言い訳が出る」
高校1年生が行った宿坊研修における入山式で伊東靖順先生からいただいた言葉です。

入学後、4カ月が経ちますが、まだまだ一人前になれていない生徒たちに強く刻まれたと思います。今回の宿坊研修では、生徒一人一人が日常の喧騒や何不自由ない生活から離れ、自己を見つめ直す時間として非常に有意義なものとなりました。

研修の核であるクラスミーティングでは、共通のテーマである「生きる」について、クラスごとに考えを語り合うなかで、自らの夢を確認し、目標に向かって進んでいく決意を掲げられたと強く思います。他者を知ることで自己を深める、この目的のもと活発な意見を出し合うことが出来ました。

今回の研修で、自分自身の考えを深め、これを自立・自律のきっかけとして、これからの学校生活に生かしてもらいたいと思います。