シニアセンター訪問 ー夏期HS-

9日(木)、夏期ホームステイではいよいよレベル別に授業開始。また午後は、アクティビティでグレンドーラ市のシニアセンターを訪問しました。

午前授業(下左端)が終わると、ほっと一息のランチ!

午後に訪問したセンターは、地元のお年寄りたちが集い、ゲームや卓球・ダンスなどを通じ社交の場となっているものです。1904年建築の建物がいまだ現役(さすが乾燥の地!)。卓球で親善試合も?!。

生徒たちは施設をひととおり案内してもらった後、数名のお年寄りたちとディスカッション。S君・M君(中3)は、同席したゴードンさん(91歳!)に「今まで健康でいられた秘訣は?」と聞くと「ずっとエクササイズしてきたことかな」との答え。

その他、Iさん(高1)のテーブルの方(下中央)も、

「英語を日常会話以上に上達させたかったら、とにかく様々な分野のボキャブラリー(語彙)を増やすこと」などと、異国の人生の先輩方が、若者に大変親切に接してくださいました。

生徒たちも思いのほか話が弾み、「(色々話せて)よかったです」(M君、高1)と、充実の一日だったようです。