特進選抜II類 ― インテンシヴな英語授業に積極的に取り組んでいます!!

特進選抜Ⅱ類の海外研修、4~5日目はUNSW(ニューサウスウェルズ大学)で英語の授業に

取り組みました。生徒それぞれの英語学習到達度に合わせて、20名弱の少人数7クラスに別れての授業。2日間で120分授業×6コマ(!!)という長い授業時間。授業内容もグループ学習や言語活動が多く、日本での授業活動とは一味違う、より積極性が求められるものでしたが、生徒たちは自分の英語力を駆使し、意欲的に取り組んでいる姿は微笑ましく映りました。

4日目(10月3日)の授業の様子です。

オーストラリアの歴史、文化、動物等について学習や、与えられたQuestionに対して自分の答えや考えを述べる活動、グループで相談したり意見を交換し発表する活動など、Activityの多い授業で、「楽しい」「あっという間」という生徒の感想も多くあり、まさに充実の研修が進んでいました。

5日目(10月4日)は一日中雨がシトシトと降っていました。

そんな中でも、語学研修は各教室で活発に行われていました。6日目(研修最終日)は各クラスにおいて「英語でのプレゼンテーション」を行います。グループごとにテーマを設定し、内容をポスターにまとめた上で、クラスの仲間の前でテーマについて英語でプレゼンすることになります。この日の授業はプレゼン準備のグループ活動や作業が中心となりました。生徒たちが積極的に取り組もうとする中で、指導してくださるTeachersとコミュニケーションをとろうとする姿が各教室で多く見受けられました。

6日目はいよいよUNSWでの語学研修最終日。皆が立派に英語でのプレゼンを披露してくれることでしょう。