「飛行機の格納庫」なみ?!新体育館

中に入るや否や圧倒!あたかも「飛行機の格納庫」、天井も、ドローンが飛ばせるぐらい高い。いくら中高生がボールを投げ上げても届かないのでは…。11月に入り、新体育館は足場から外幕が外され、外観があらわになりました。グリーンの屋根、外壁は表面仕上げの化粧コンクリートが塗り込まれ、随所にエンジ(本校のイメージカラー)の意匠タイルの貼り付けも進んでいます。

アリーナ内に入ると、前月まで林立していた足場はほとんど撤去され、舞台や壁周りのみとなっていました。しかし…とにかく広い、天井が高い、明るい!「現行の体育館が建物ごとそのまますっぽり入る大きさです」(現場監督・Sさん)。

アリーナ照明は全LED。とにかく明るいだけでなく、消費電力も従来のナトリウム灯の比でないくらい経済的とのこと。アリーナ内壁・管理スペースとも白系ボード・塗装になる予定なので、照明に頼らずとも相当明るい内部になることでしょう。

本当に飛行機、入りそうです

内装は年内いっぱいで仕上がるとのこと。今夏の猛暑のため工期が若干伸びてしまいましたが、安全にきっちりじっくり、工事を進めていただきたいと思います。