「今までいろいろ説教してきましたが…」一貫部の激励会

過日、高校3年生対象に学校全体としての「激励会」がありましたが、今日21日(金)はさらに、中高一貫部独自の激励会が行われました。中高一貫部は先輩・後輩の付き合いが長い分、「ぜひ一貫高3の先輩を、何かの形で応援したい」という思いが強く、一貫部高2生の企画で独自に毎年開かれているものです。

会場では、あらかじめ待機していた中学生~一貫部高2生が、別会場にいた一貫部高3生を合唱『群青』で迎え入れます。

メインは、高2生制作のビデオ上映。「先輩方の思い出クイズ」では、高2司会「(映像に映った中学当時の高3生について)この人は誰でしょうか?」。すると高3「うわぁ○○(生徒名)じゃん!かわいい」と笑いの渦が。

そして「一貫部教員のメッセージ」。「『今までいろいろ説教してきましたが…』」に会場、再び笑い。

企画内容は、もちろん高3生には極秘で進められていました。

 

後輩たちの激励に、高3K君・S君が感謝の言葉とともに、「ハカ」(あのラグビー試合前の踊り)のパフォーマンスを披露します。

それに対し後輩たち(高2男子代表)も何とハカで応えます(大宮開成一貫部はいつの間にこんなラグビー色になった?)。

映像を見ていて、“こんな頃もあったなあ”と涙ぐむ高3生もいました。

6年という時間が、先輩・後輩の互いを思いやる気持ちを育みます。中高一貫部ならではの良さだと感じました(教頭M)。

頑張れ高3生!