高校部 愛知和ラーニング集会

4月27日(土)愛知和ラーニング集会が実施されました。今年度からの新たな試みである「愛知和ラーニング」は、土曜日に本校の教員が様々な講座を実施するものです。
生徒は、気になる講座を選択して前期4回、後期4回の計8回の講座を受講することになります。目的や意義について教頭からお話しがありました。

 

続いて、進路指導部長のから“そもそも愛知和ラーニングとは何か”そして“学びとは”について話がありました。

 

生徒は真剣な眼差しで話を聞いていました。特にポイントとなる“主体的な学び”の部分では、多くの生徒が食い入る様に聞く姿が印象的でした。この愛知和ラーニングを通じて、学びの本質に気付き、それを体感することができるのではないかと、ワクワクしていたのではないでしょうか。最後に、具体的な講座の内容紹介について、担当教員から話がありました。

ユーモア溢れるパワーポイントで、生徒も時折笑顔になりながら聞いていました。大宮開成高校の新たな試みである“愛知和ラーニング”。授業とは違う視点で、学びとは何かについて考え、体感する時間として有意義なものになるように教員も準備しています。

6月15日(土)の第一回愛知和ラーニングに向け、ワクワクが止まりません!!!