3つの「タイカン」を 一貫高2・愛知和講演

15日(土)、一貫部高校2年生対象に、企業経営者の和田由紀さんをお招きして講演していただきました。内容は「社会人に向けて高校生がすべきこと」についてです。
講演の中で「三つの【タイカン】を鍛える」という話がありました。

その【タイカン】とは①『体幹』、②『体感』、③『大観』です。①については「自分の軸」をもち、人生の波に柔軟に対応するということ。

②では、自分の感覚を鋭く持ち、世の中の出来事に敏感に反応するということ。

③では、当たり前のことが当たり前ではない時代である現代において、物事を判断する、あるいは予見する「大局的視点」を持つということでした。

生徒は熱心に講演を聞いていました。この講演を今後の学校活動に生かしてほしいと思います。(一貫部高2・Y教諭)