スペースシャトルに興奮! -夏期ホームステイ-

今月8日からアメリカ夏期ホームステイが始まっています。米ロサンゼルス郊外にて2週間の語学研修に、今年は中3~高2の36名が参加。6日目となる今日14日は、午前のミックスクラス(他国生徒と一緒)にも慣れてきたようです。

ちなみに昨日(13日)は全米日系人博物館・サイエンスセンター・グリフィス天文台を訪問。サイエンスセンターでは退役したスペースシャトル・エンデ―バー号を実見し一同興奮!

一方、日系人博物館では、日本からの移民が、過去の日米関係に翻弄され苦労もあった歴史を知りました。「現在の私たちは幸せだと思った」(生徒の日誌から)。

ところで日々の昼食も大切な英語コミュニケーションの実践機会です。

大学内や周辺の飲食店で摂りますが、例えハンバーガーショップでも侮れません。「チーズなし?あり?コンボ(セットのこと)にするの?」などと店員に細かく訊かれると(※)、意外に簡単な英語でもスッと出てこないからです。

※有名チェーンショップではないローカルな店が普通で、お店の方がとてもフレンドリーです。

日本のような蒸し暑さはありませんが、各自多少の時差ボケはあるようです。健康に注意し、22日までの残りの期間を有意義に過ごしてほしいと思います(引率:S教諭・教頭M)。