サウジ建国記念パーティも 一貫高1豪州研修

一貫部高1は23日(月)、モナシュ大学での研修初日。たまたま夕方、サウジアラビアの建国記念日パーティがあり参加させてもらいました。さすがは世界各国からの留学生を擁する豪州最大の大学。

学生規則にも「Respect different cultures,religion and gender」(異なる文化、宗教、性別を尊重すること」と明記しています。

(左)サウジ国旗を片手にスタッフとY君、(右)自分の名前をアラビア語で書いてもらうYさんMさん、「右から書くんだ?!」

(左)伝統衣装を着せてもらったO君、(右)会場でふるまわれたお菓子や食事。スパイシーなお茶は「これ飲むと眠くならないよ!」とのこと。

それに先立つ初の授業、今日はキャンパスツアーでした。マップの指示で校舎をたどるとチェックポイントにご褒美も(右)。手にしているのは”Lamington”(英国伝統のお菓子)です。

大学創設者・John Monashの銅像もチェック(左)。

広い学内を巡った後にランチ。何人かの生徒は英語で会話をつづけていましたね。

明日は2日目、アボリジニ文化の授業が予定されています。(教頭M)