校長コラム

HEADMASTER COLUMN

COLUMN DETAIL

校長コラム詳細

2020/02/01

人との出会いを大切にして、豊かな人生を

令和2年度の入試が終了し、この4月より多くの新入生が入学してくることになりました。新入生は、皆さんもそうであったように、期待と不安を抱いて、入学してきます。皆さんも、クラス替え等で、新しく出会う人に対しても、期待と不安があると思います。

今回は、皆さんに人との出会いが、人生を豊かにしてくれることを考えていただきたいと思います。瀬戸内寂聴氏の「奇縁まんだら」日本経済新聞出版社の前文に次のようなことが書かれていました。

 

生きるということは、日々新しい縁を結ぶことだと思う。数々ある縁の中でも人と人の縁ほど、奇なるものはないのではないか。思いもかけない人と人が出逢い、心惹かれたり、うとましく思ったりする。一つの縁から次の縁に結びつき、縁の輪が広がっていく。

結んだつもりの縁も、ふとしたことから切れることもある。けれども切れたと思ったのは、人の浅墓な考えで、一度結んだ縁は決して切れることはない。そこが人生の恐ろしさでもあり、有難さでもある。

(中略)

長い生涯であった。その間に何が愉しかったかと思いおこせば、それは人との出逢いとおびただしい縁であった。この世で同じ世代を生き、縁あってめぐりあい、言葉を交わしあった人々の俤(おもかげ)が、夜空の星のように、過ぎて来た過去の空にきらめいている。

(後略)

 

私もこの文章に書かれていることを実感し、その通りと思います。
人は、一人では生きていくことが出来ません。多くの人に支えられています。支えの始まりは、人との出逢いに始まります。

人と接することは、自分が成長する絶好の機会だと思います。

多くの人と縁を結ぶことで、改めなければならないことを自覚したり、今まで気付かなかったことを知ることで、新しい自分を発見出来ると思います。また、それ以上にコミュニケーション力が深まり、スムーズな人間関係(絆)が出来ると思います。

また、人と接することで、考える機会を多く持つことも出来ます。

「次に何をすれば良いのか」「自分に求められていることは何か」など、指示された以上の行動が出来ると思います。皆さんにこれから必要な力は、自らの意志で行動する自立心を持つことだと思います。人との関わりは、その力を身につける絶好の機会です。

 

年度のまとめの時期になりました。皆さんの活動が、「自ら求め」「自ら考え」「自ら判断し」「自ら行動する」ものとなり、自らの夢や目標が実現することを期待します。

 

- - <今月の推薦図書>- -

今月、推薦する本は、本文中に引用した、瀬戸内寂聴氏の「奇縁まんだら」日本経済新聞出版社 です。

多くの著名人との出会いが書かれていて、その著名人が、私が想像していたイメージと違ったりしていて、なかなか面白く感じました。皆さんもそう思える箇所が何カ所もあると思います。一読を勧めます。