校長コラム

HEADMASTER COLUMN

COLUMN DETAIL

校長コラム詳細

2020/01/07

令和2年1月  新たな気持ちで頑張りましょう

新年明けましておめでとうございます。
令和2年の新年として、気持ちを新たにする活動をすると同時に、学校年度では、令和元年度のまとめをする大切な3ヶ月の始まりになります。この大切な時期を充実させるために、毎年同じことが言われていますが、今年度の今までの9ヶ月の「振り返り」と「新年の目標」を明確にすることが大切と言えます。

 

今年は元号が変わっての初めての年となります。その初めての年の干支が子年となり、干支の始まりは、子年です。偶然とは言え、何か不思議な気持ちがします。

本来の「干支」は、十干と十二支を組み合わせたものです。干支(えと)の「干」は「十干」のことで、以下の10種類です。
日本語の読みは、甲:きのえ、乙:きのと、丙:ひのえ、丁:ひのと、戊:つちのえ、己:つちのと、庚:かのえ、辛:かのと、壬:みずのえ、癸:みずのと となります。干支(えと)の「支」は「十二支」のことで、以下の12種類です。子:ね、丑:うし、寅:とら、卯:う、辰:たつ、巳:み、午:うま、未:ひつじ、申:さる、酉:とり、戌:いぬ、亥:い となっているのは、皆さんが、ご存じの通りです。
十干と十二支を組み合わせると、十干の最初の「甲」と十二支の最初の「子」の組み合わせ「甲子(きのえね)」から始まり、「乙丑」「丙寅」「辛卯」・・・と続き、「癸亥(みずのとい)」まで60種類あります。干支がひとまわりして同じ干支が巡ってくると「還暦」です。60歳になると「還暦」を迎えたというのはこの意味からです。

 

最初の「甲子」は、高校野球で使われる「甲子園」でなじみがあると思います。この球場は、1924(大正13)年の甲子の年に完成したので、この名前になったと思われます。今年の干支は、37番目の「庚子」です。本校の創立者である松﨑庚子良先生は、

1900(明治33)年の「庚子」の年にお生まれになり、お名前に「干支」が付けられたと思われます。その意味で、新元号が始まる今年の干支(えと)は、学園にとって、何か意義深いものを感じます。

 

さて、新年の目標を設定して、その実現を確実にするために、振り返りが必要です。そのために、「目標を書く」→「目標の再確認」→「振り返り」をすることが有効だと思います。その振り返りで、「目標」がより具体的になり、「自分への問いかけ」が具体的に出来るようになると思います。そこから、新しいことが生まれたり、発展があると思います。

「目標を書く」→「目標の再確認」→「振り返り」の作業を具体的にするには、

1,目的を明確にする

2,具体的で可能な数値を設定する

3,大きな(長い)期限と小さな(短い)期限の両方を設定する

4,振り返り・修正を小さな(短い)単位(時間)で実行する

5,最初に目指していた気持ちを忘れないために、すぐに取り組む

今年も成長を果たすために自分に限界を設けず、お互いに頑張りましょう。

 

- - <今月の推薦図書>- -

今月、推薦する本は、橋本 治氏の「桃尻語 枕草子 上・中・下」河出書房新社 です。

原文から逸脱することなく、現代風に翻訳され、その上、〔註〕がすごく充実していています。日本史受験の人にはお勧めで、必読だと思います。平安時代(清少納言)の価値観を理解するのに最適な本です。