今週の大宮開成

NEWS & BLOG

NEWS & BLOG

今週の大宮開成

2020/02/19

明日の東京は44℃の予想です ―中1・3「開成文化週間」―

18日(火)・19日(水)、中高一貫部では「開成文化週間」を行っています。年間の探究活動の集大成であるプレゼンテーション大会で、中1~高1までの各クラス代表班が思い思いの発表を繰り広げています。

まずは中1、テーマは「環境」。どの班も結論は一般的なものですが、「導入・展開・結論」を明快な図と客観的データを用いてしっかり示し、最後に「行動しよう」と呼び掛けていました。

「世界の硫黄酸化物は、約半分が中国からのもの/削減のために率先して行動しよう」(E組2班)

「日本のフロン回収対策は遅れている/紫外線の害を学校で教えることも削減に効果があるのでは」(D組6班)

「絶滅危惧種は現在約3600種!生態系バランスが崩壊、一度絶滅したら二度と戻ってこない」(B組2班)

「人間の利用できる水は0.01%/汚染防止のためにも何ができるかを常に頭の片隅に」(C組3班)

「年800万トンの海洋プラスチックが私たちをおびやかす/分別や汚れのふき取りを徹底」(F組1班)

「+1℃上昇で100万種が絶滅。2100年〝明日の東京は44℃です〟とならないように」(A組6班)

続いて中3。今年はSDGs(持続可能な開発目標)がテーマ。独自アンケート調査やフィールドワークを伴う発表は説得力がありました。

「LGBT+について生徒へのアンケート結果は…/偏見をなくし、お互いを尊敬し合おう」(D組2班)

「海洋資源保護のため一般企業も独自に貢献」(C組4班)、「私たちの考える環境に配慮した街づくりは…/大切なのは〝地元愛〟」(A組3班)

「食品ロス13億トンの原因の大半は売り手側に/企業も独自に廃棄食品の有効活用を進めている」(B組2班)

発表者も聴衆も、発表内容を自分のものとして理解し行動することが何よりも大切です。

今日19日の中2・高1にも期待したいですね。(教頭M)