教育内容

EDUCATION CONTENT

PLANNED LEARNING

6年間を見通した計画的学習

心身の成長に応じた最適なカリキュラムを6年間で計画的に展開。2年ごとの3ステージ制をとります。
第1ステージ(中1・2)では基礎学力の完成、
第2ステージ(中3・高1)では進路意識の確立、
第3ステージ(高2・3)では現役合格力の完成を目標とします。
中3段階では、一部教科において高校の学習範囲に入るため、一貫部高校生は大宮開成高校(高校部)とは原則として別学となります(高校段階での文理系別選択授業を除く)。

コース紹介

CURRICULUM

確かな学力を育む、カリキュラムと”教育の熱”

4つのコース

学年全体が「英数特科コース」類型

2020年、学年全体が「英数特科コース」類型のみとなって2年目。英語・数学の授業時間数に比重を置いた本校独自カリキュラムを全面展開しています(英語については「国際教育」もタブを参照)。入試成績で「Tクラス」・「Sクラス」に分かれますが、基本的な授業時間数・内容は共通です。Tクラス・Sクラスは、進級時に一定基準で入れ替えがあります。

コースの目標

揺るぎない「学力の幹」とともに、能動性・多様性も

中高6年間を見通したカリキュラムマネジメント(教育課程編成)により、標準単位数に演習や英会話などの独自単位をプラス。1日50分×6~7時間のコマ数、土曜日も毎週授業とし、週36時間(中1・2)、週38時間(中3)を実現しました。国・数・英の主要教科では公立中学校比で約1.5~2倍、他の公私立中高一貫校と比べても、同等以上の授業数となっています。

第1ステージ(中1・2)段階では、計算力・単語力といった基本を徹底し、授業 →小テスト →家庭学習(予復習・課題)の“黄金サイクル”の習慣化で、揺るぎない「学力の幹」を構築。
「プレゼンテーション教育」(中1~高1、上タブ参照)に伴う生徒の自律的学習・「化学実験」(中3)や博物館/美術館・ボランティア体験課題等が生徒の経験知を高め、能動性・多様性を効果的に伸ばします。

「化学実験」は、理科のためだけではなく

「化学実験」は、理科のためだけではなく

「化学実験」(中3)は、通常の理科授業とは別単位の実験専門授業で、毎週2時間・年間約30種の実験を実施。「仮説をたて、実験し検証する」思考習慣は、理科的経験知のみならず、情報過多の現代社会で真偽を判断する力にもつながります。

「科学の甲子園ジュニア」全国大会出場

「科学の甲子園ジュニア」全国大会出場

2018年秋、「第6回科学の甲子園ジュニア埼玉県大会」に中2(当時)が任意参加し、女子1チームが埼玉県最優秀賞に輝き、全国大会(つくば市)への出場を果たしました。全国大会では理数の筆記課題や実験課題に挑み、並みいる全国の優秀校相手に善戦しました。

演習授業をカリキュラム内に位置づけ

演習授業をカリキュラム内に位置づけ

(2)でもふれた独自単位の演習とは、「アドバンスト演習」(Tクラス。週2~3コマ)、「スタンダード演習」(Sクラス、週2~3コマ、国・数・英)です。前者は英・数の発展的内容に取組み、難題に挑戦する意欲を伸ばします。後者は直近の学習内容の重点的復習を行うもので、既習事項の確実な定着が図れます。
 ※アドバンスト演習は実費(年額15,000円:令和2年度例)

部活動、学校行事

進路実現は、「ナビゲーション」あってこそ

(2)の「小テスト」がこまめな学力チェックとなるため、成績不振の兆候があれば即座に学習時間・方法等について教員が適切なアドバイスをし、決定的な学力低下に至ることを防ぎます。

課題(宿題)も、各教科で連携しながら常に一定量を課し、教員は提出だけでなく実行内容までチェックします。

また職員室前の廊下壁面は、質問対応用のホワイトボードに。放課後・休み時間は常に教員-生徒、生徒-生徒で教え合いがみられます。質問には、授業担当教員でなくともが他の教員が対応。全ての教員の関心が、一人ひとりの生徒に注がれることが、大宮開成の流儀となっています。

演習授業をカリキュラム内に位置づけ

スタートは入学前から。必修の春期・夏期講習など

春期・夏期休暇中には、本校教員による講習が必修になっており、別途学費はありません(春期講習は3~5日間、夏期講習は8日間:令和元年度例)。

また、新中1生は入学前(3月末)から春期講習があります※。本校生としての自覚を促し、4月からのスムーズな学習スタートに備えるためです。  ※令和2年度は中止

高校段階では、学年により希望者対象の文系理系別の補習・特定科目の補習も設定され、実戦力を養います。本校教員が開講する発展レベルの補習ですが、「おかげで予備校・塾に行かなくて済んだ」の嬉しい反応もあります。

TRUST RELATIONSHIP

進路実績は、綿密な進路指導と信頼関係から

進路実績の実情

高校部・中高一貫部とも、近年、東京大・京都大を始めとする難関国公立大学、早稲田大・慶應義塾大など難関私立大学への現役合格者数の伸長で、各方面から注目をいただいています。
令和元年度の中高一貫部卒業生(3クラス83名)でも、東京大学はじめ国公立大・難関私立大学(早慶上理GMARCH)の合格率は1.34校(合格総数111/卒業生数83名)でした。昨年度より国公立大の比率が上がっています。

コース紹介

最終的には、信頼関係

本校の進学実績は、単なる「学力の積み重ね」のみで実現しているわけではありません。豊富な進路指導ノウハウをもとに日頃から二者面談・三者面談をおこない、また中学段階から「自己管理ノート」(写真)を通じるなどして、生徒・ご家庭との信頼関係を築いていきます。その関係性があって初めて、学習指導・進路指導が最大限の効果を生むと考えています。 2021年春、センター試験に代わり「思考力」を重視する『大学入学共通テスト』。定員厳格化による合格者数の絞り込みが続く難関私立大学。打ち克つための学力と入試ノウハウはもちろん大事ですが、結局それを結実させるのは「信頼関係」なのです。

最終的には、信頼関係